浴衣の柄の意味

浴衣の柄にはステキな意味があるんです!

牡丹、百合、金魚、撫子、桜、桔梗、朝顔、菊、水仙…ひとくちに浴衣と言ってもその柄は様々です。

 

浴衣の柄の意味が分かれば、愛着も湧くし、納得して着られますね。

 

そこで、日本伝統の浴衣の柄の意味を徹底的に調査しました。

 

1つ1つの柄に込められたステキな意味をご紹介します!

浴衣の柄の意味を教えて!記事一覧

浴衣の柄【牡丹(ぼたん)】

牡丹は幸せや富、そして女性の美しさの象徴とされてきた花です。元々の原産地である中国では、見事な大輪の花を咲かせることから、「花中の王」とも言われ、上流階級の人々に人気があり、王者の風格という意味合いもある高貴な花です。「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」という有名なことわざにもあるように、美しい...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【撫子(なでしこ)】

撫子は純粋な愛、貞節、優雅、笑顔などの意味を持っています。大和撫子という言葉があるように、日本女性の慎ましやかで内面からの美しさを表す花として、昔から日本人に愛されてきた浴衣の柄です。蒸し暑い夏でも見る人に清涼感を与えるブルーを基調とした撫子柄の浴衣も多いですね。とっても清楚です。またピンク色の撫子...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【百合(ゆり)】

百合には純粋、無垢、威厳といった意味があります。百合柄の浴衣も清楚で上品な印象のデザインが多いですね。ユリは花は色によっても意味があり、白は純粋、威厳ピンクは虚栄心、富と繁栄赤は願望、優しさ黄色は陽気、偽りオレンジ色は華麗、軽率プラスのイメージとマイナスのイメージの単語で表されますが、着る人によって...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【桔梗(ききょう)】

桔梗はつぼみの時にふくらんだ風船のような姿をしていることから、英語ではバルーンフラワーと呼ばれていますが、日本でも浴衣の柄としてだけでなく昔から愛されてきた歴史のある花です。秋の七草の1つでもある桔梗は秋を代表する花で万葉集にも登場します。また、戦国時代にも明智光秀や加藤清正など有名な武将も家紋とし...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【菖蒲(あやめ)】

菖蒲は「しょうぶ」とも読むことから、「勝負」に置き換えて「勝負強さ」という意味があります。また、「尚武」、つまり「礼儀正しさ」という意味も兼ね備えています。さらに昔から「邪気を払う魔除けの花」としても言い伝えられています。あやめ柄の浴衣はとても涼しげで、紺や紫を基調としたデザインも豊富です。しっとり...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【紫陽花(あじさい)】

紫陽花には色々な花言葉がありますが、開花期間の長い紫陽花は梅雨の長雨の時期でも懸命に耐え忍び美しい花を咲かせることから「辛抱強い愛情」という意味があります。また、小さな花びらが身を寄せ合って、1つの花として咲くことから家族の団結や仲の良さをイメージして「家族団欒」といった意味もあります。マイナスイメ...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【椿(つばき)】

椿柄の浴衣には「発展」、「長寿」、「美しさ」といった意味があります。椿は樹命800年とも言われ不老長寿を意味する、とても縁起の良い霊木であり、枝葉を広く広く伸ばし開花させることから、継続的な発展の象徴とも言われています。真っ赤な椿がデザインされた浴衣はとても華やかですが、大正ロマンを感じさせるレトロ...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【菊】

菊には不老長寿の効用があるとされてきたため、昔から縁起の良い花とされてきました。中国では菊の節句である重陽で長寿と健康を祈ります。また、邪気を払うという意味も併せ持っています。浴衣でも菊の柄は、古典的な和の美しさがありますね。菊の存在感と相まって大人可愛い印象の浴衣も豊富です。【菊の花】菊の花言葉に...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【桜】

桜は春のイメージが強いですが、浴衣の柄としてはポピュラーなものです。1年を通して、夏に桜の柄の浴衣を着てもおかしなことはありません。季節の花という枠を飛び越えた存在ですね。春の芽吹きを連想させることから、これから新しいことが始まることをイメージさせる縁起の良い花です。また、五穀豊穣、豊かさの花という...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【朝顔】

朝顔は朝に咲いて昼にはしぼんでしまう短命な花であることから、花言葉には「はかない恋」という意味もありますが、支柱にしっかりとツルを絡ませることから、「固い絆」、そして「愛情」といった意味もあります。恋は儚いですが、恋が終わった後には深い愛情が生まれます。そういう意味で固い絆の花ということかもしれませ...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【金魚】

中国では「お金が余るほど豊かにある状態」を金余と書き、チンユイと発音しますが、金魚もチンユイと同じ発音であるところから、金魚は豊かさと幸福の象徴とされています。浴衣の柄としても金魚はとても縁起の良い柄ですね。金魚柄の浴衣の意味は金運アップ、そして沢山の卵を産むことから多産祈願といった意味もあります。...

≫続きを読む

 

浴衣の柄【蝶】

蝶は幼虫からさなぎを経て美しい羽を持つ成虫に成長することから、不老不死の象徴とされています。不老不死、つまり長い間生きるということから、それを男女の間柄に見立てて「恋愛が末永く続く」「夫婦円満」などの意味も持っています。それは蝶は生涯同じパートナーと共に過ごすことが由来しているとも言われています。黒...

≫続きを読む

 

 
5,000円以下の浴衣 着方 柄の意味 髪型